サイクルショップに頼む時…自転車の修理やメンテナンス!

ブレーキワイヤーの消耗!

自転車に乗っていて命の関わるトラブルと言えば、ブレーキワイヤーの切れです。ブレーキワイヤーが切れてしまえば、ブレーキがかからない訳ですから非常に危ないこと間違いありません。「ブレーキワイヤーって切れるものなの?」と疑問を持つ人もいるでしょうが、引っ張れば伸びるし、使えば使うほど消耗するのがワイヤーです。ブレーキのかかりが悪いと感じたら、ブレーキシューではなくワイヤーの消耗かもしれません。何かおかしい?と違和感を持った時は、迷わずサイクルショップに行くべきですよ。

ディレーラーの調節!

ディレーラーは自転車のギア比を変速させる部品です。ブレーキと同じようにワイヤーで引くことで変速する仕組みになっています。ディレーラーのワイヤーが伸びてしまったりすると、スムーズにギアチェンジできなくなります。変速しようとしたがギアチェンジできなかったり、常に何かが擦れる音がするなんていう時はディレーラーの調整が必要ですよ。ディレーラーの調整は微妙なので、自分でやってさらにおかしくなってしまったという人も多いでしょう。ディレーラーはフロントとリアに付いていますが、サイクルショップで頼めば両方完璧に調整してもらえます。

スプロケットの分解!

マウンテンバイクでもロードバイクでも自転車の後輪部には、何層ものギヤが組み込まれていて、このギアの塊をスプロケットと言います。スプロケットは専用の工具を使わないと外すことができません。自転車のメンテナンスではスプロケットを外して、汚れを落としグリスを塗り直す作業もあります。こうした作業では自転車の部品の分解も必要としますので、精通した知識と技術がないという人はサイクルショップにお願いしましょう。店員の手際の良い作業を見ているだけでも、感心してしまいますよね。

名古屋の自転車のショップを探すために、人気のある店舗のチラシやパンフレットなどを日ごろからチェックすることが有効です。